文字サイズ 標準

山陽小野田市立山口東京理科大学
山陽小野田市立山口東京理科大学は総合教育と専門教育を通じて未来を担う科学技術者の育成を目指します。
〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1 TEL:0836-88-3500
無題ドキュメント

薬学部の設置についてPharm

前のページへ戻る

 本学が、平成30年4月の開設を目指し文部科学省に設置認可申請をしておりました薬学部について、文部科学大臣から、平成29年8月29日付けで設置が認可されました。

 本学は、平成30年4月から、薬学と工学の2学部が同一キャンパスで共に学ぶ 「公立薬工系大学」 として、地域社会の発展に貢献いたします。

薬学部の目的

薬学部は、「薬学をとおして人の健康を守る」という高い志と倫理観・研究心を持ち、薬剤師としての優れた薬学人を養成し、もって山口県を中心とする地域に貢献することを目的とします。

概要

名  称  薬学部 薬学科
入学定員  120人
修業年限  6年
開設年月  平成30(2018)年4月1日 予定
授与学位  学士(薬学)
取得資格  薬剤師国家試験受験資格等
設置場所  山口県山陽小野田市大学通1-1-1
(山陽小野田市立山口東京理科大学所在地)

養成する人材

山陽小野田市立 山口東京理科大学の薬学部薬学科は、次のような力を備えた人材を育成します。薬学科(6年制)は、薬学全般に亘る幅広い知識と技能を備え、病院や薬局などの医療現場等で活躍できる高い倫理観と研究心をもった薬剤師の養成を目的とします。また、薬剤師資格を全員に取得させることは当然として、3年次後期から研究室配属し、卒業研究を充実させるとともに大学院進学を推奨することにより、山口県地域はもとより、全国において薬剤師資格を持った臨床薬学研究者、創薬研究者や予防医学分野で貢献できる有為な人材を育成することを目的とします。

薬学部薬学科の特色

本学の薬学部薬学科は薬剤師免許取得が可能な学科(6年制)のみの設置となる予定です。本学科では、全員が薬剤師免許を取得できることを前提とし、その上で、臨床薬学、創薬科学、社会健康薬学の各領域で活躍できる人材を育てるための質の高い薬学教育を行うことを特色とします。主な教育上の特色は下記のとおりです。

  1. 医療人として高い倫理観、豊かな人間性を涵養する教育の実施
  2. 新しい時代の薬学に必要な情報教育、統計教育を徹底
  3. 薬剤師教育の土台となる科目に関する教育(有機化学、物理化学、生化学)の徹底
  4. 近隣病院の医師・薬剤師の全面的協力を得て総合医療薬学(薬理・病態・薬物治療)の講義の実施
  5. 薬学・薬剤師を取り巻く新しい環境に対応でき、地域に貢献できる質の高い薬剤師の養成
  6. 1年生から6年生までの6年間で薬学教育を十分に行いつつ、4年生から6年生までの3年間、全員が研究室に配属し、卒業研究を行い、研究力を育成

卒業後の進路

薬学部 薬学科を卒業し薬剤師免許を得た人材は、以下の分野での活躍が期待されます。

  • 病院薬剤師 (調剤、疑義照会、処方設計、服薬指導、専門薬剤師)
  • 薬局薬剤師 (調剤業務、かかりつけ薬剤師、在宅医療)
  • 医薬品製造管理者 (製薬企業)
  • 創薬研究者 (企業、大学、研究機関等)
  • 開発担当者 (製薬、化粧品、食品産業等)
  • 生産技術者 (製薬、化学工業、食品産業等)
  • 大学教員 (教育・研究)
  • 国家公務員、地方公務員(医療・薬事行政)
  • 医薬情報担当者 (MR : Medical Representative )

薬学部薬学科について

薬学部薬学科の詳細は、以下の「薬学部特設サイト」をご覧ください。

  • 薬学部特設サイト

    お問い合わせ

    TEL0836-88-3500

    〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1