文字サイズ 標準

山陽小野田市立山口東京理科大学
山陽小野田市立山口東京理科大学は総合教育と専門教育を通じて未来を担う科学技術者の育成を目指します。
〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1 TEL:0836-88-3500
無題ドキュメント

FD・SDワークショップ~やまぐち未来創生人材育成について考える~を開催NEWS & EVENT

投稿日:2018/03/09 レポート


 平成30年3月5日(月)、山陽小野田市立山口東京理科大学 5201教室にて、平成29年度COC+事業FD・SDワークショップを開催しました。 

 本ワークショップは、文部科学省COC+事業で取り組む「やまぐち未来創生人材育成プログラム」(通称:YFL育成プログラム)に参画する高等教育機関の教職員が集まり、YFL育成プログラムの趣旨を理解し、読替科目等の対応により、各機関でのYFL育成を促進することを目的として開催しました。参画する12高等教育機関のうち、多くの機関の教職員が参加(約60名参加)し、各機関におけるYFL育成の取組や展望を紹介し、COC+事業協働機関の高等教育機関同士の相互理解を深め、今後の課題等について意見交換・情報共有を行いました。 

 当日は、本学学長 森田 廣より開会挨拶の後、第一部としてCOC+事業統括コーディネーターによるYFL育成プログラム及び就職支援マッチングシステムの現状と課題、本学と宇部工業高等専門学校による取組紹介、宇部フロンティア大学によるYFL育成プログラムについての報告が行われました。 

 第二部のオピニオンセッションでは、YFL育成プログラムによる人材育成を地元定着に結び付けるためのアイデアを出し合い、平成30年度に取り組むアクションプランをグループごとに発表しました。
 学生が山口県内の企業に就職するための方策、YFL育成プログラム修了者へのインセンティブ、サークルを通した地域との交流促進、コーディネーターの育成など、学生の地元定着に向けて各高等教育機関が意見を交換しました。

 最後に、山口大学理事・副学長 田中 和弘 様より、COC+活動事業の周知や各高等教育機関の交流など課題と展望を述べられ、閉会しました。

01.jpg 02.jpg 03.jpg 06.jpg 07.jpg 09.jpg