文字サイズ 標準

山陽小野田市立山口東京理科大学
山陽小野田市立山口東京理科大学は総合教育と専門教育を通じて未来を担う科学技術者の育成を目指します。
〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1 TEL:0836-88-3500
無題ドキュメント

南極昭和基地からの手紙From south pole station

前のページへ戻る

応用化学科 助教の浅野比です。

浅野助教 講演の様子 既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、私は今から3年前に第49次南極地域観測隊員として、日本から約15000㎞離れた南極昭和基地で1年間生活し、大気中の粒子状物質や雪氷について分析を行いました。

折りしも、TBS系列で、連続ドラマ「南極大陸」が放映され、南極が注目されています。敗戦国日本が国際的に基地開設を許されたのは南極でも厳しい場所でした。その昭和基地立ち上げの南極隊員の草創期を扱ったドラマです。(今は犬は連れて行けませんが・・・)

昭和基地開設から55年が経過した現在では、快適な基地生活を送れますが、こういった先人たちの苦労の上に成り立っているのだなあと今更ながら感じました。

このページは、私が大学に送った南極昭和基地での記録を、平成20年1月〜平成21年3月までホームページで掲載されたものです。

もう一度公開しますので、皆さんぜひともご覧ください。

元第49次南極地域観測隊員
応用化学科 助教 浅野 比


参考リンク:日曜劇場『南極大陸』(TBSテレビ)

目次

  1. 第01話 昭和基地に到着しました(平成20年1月11日)
  2. 第02話 設営作業に奮闘中!(平成20年1月31日)
  3. 第03話 「越冬交代式」と「しらせとのお別れ」(平成20年2月22日)
  4. 第04話 昭和基地をご案内します(平成20年3月4日)
  5. 第05話 神戸の子供たちとテレビ会議を行いました(平成20年4月7日)
  6. 第06話 再び昭和基地をご案内します(平成20年5月7日)
  7. 第07話 昭和基地でメタボ対策!?(平成20年5月18日)
  8. 第08話 オーロラをバックに野外訓練(平成20年5月25日)
  9. 第09話 野外にむけて訓練中〜雪上車で猛特訓〜(平成20年6月13日)
  10. 第10話 “極夜”を祝うミッドウインター祭(平成20年6月18日)
  11. 第11話 山陽小野田市の小学生との南極教室(平成20年7月15日)
  12. 第12話 ミッドウインター祭で気分爽快!(平成20年8月3日)
  13. 第13話 雪入れは大変な重労働(平成20年8月26日)
  14. 第14話 露岩地域「スカルブスネス」でのお話[その1](平成20年9月23日)
  15. 第15話 露岩地域「スカルブスネス」でのお話[その2](平成20年10月1日)
  16. 第16話 みずほ内陸観測旅行(平成20年10月27日)
  17. 第17話 みずほ内陸観測旅行[その2](平成20年11月14日)
  18. 第18話 みずほ内陸観測旅行[その3](平成20年11月15日)
  19. 第19話 みずほ内陸観測旅行[その4](平成20年11月18日)
  20. 第20話 みずほ内陸観測旅行[その5](平成20年11月20日)
  21. 第21話 無人飛行機による観測に成功(平成21年1月5日)
  22. 第22話 昭和基地での大晦日、お正月(平成21年1月25日)
  23. 第23話 第50次南極地域観測隊が到着(平成21年1月29日)
  24. 第24話 豪華なクリスマスディナーパーティー(平成21年2月2日)
  25. 第25話 南極昭和基地 お別れのとき(平成21年3月2日)

浅野比隊員について

"浅野助教"越冬隊員で南極に派遣される

浅野比助教 第49次南極地域観測隊員(55人)に本学物質・環境工学科の浅野比助教が選ばれました。南極地域観測隊員はこれまで国家事業として、南極に派遣されており、オゾンホールやオーロラの発生機構の解明等、次々に科学的な成果をあげています。
第49次南極地域観測では、本学の菊地研究室が中心となり、世界初の試みとして、直接南極昭和基地に分析装置を搬入し、大気中の粒子状物質や雪氷や降雪について重点的に現場分析を行います。
従来は、サンプリング試料を隊員が日本に持ち帰り、分析を行っていたため、冷凍保存しても状態が変質するという難点がありました。しかし、今回は現場で分析を行うため、より正確なデータを把握することが可能となります。また、GPS航行の 無人飛行機(航続距離1,000Km、高度5,000m)を用いて、昭和基地や海氷域や大陸域上空の微粒子を高度別に採取し、個々に評価分析を行う予定です。
浅野助教は菊地研究室に所属し、このプロジェクトで主導的な役割を果たすことが期待されており、11月から1年間に渡って現地に赴き、早速観測を開始します。
この模様は、本学ホームページでも逐次お知らせする予定です。
今後の浅野隊員の活躍にご期待下さい。

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1