文字サイズ 標準

山陽小野田市立山口東京理科大学
山陽小野田市立山口東京理科大学は総合教育と専門教育を通じて未来を担う科学技術者の育成を目指します。
〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1 TEL:0836-88-3500
無題ドキュメント

液晶研究所Liquid Crystal Institute

前のページへ戻る

日本で唯一の液晶技術に特化した研究所。
メーカーや企業と協力して開発をしています。

液晶研究所 液晶ディスプレイの産業は1980年代に日本で生まれ、対象となるディスプレイの種類を増やしつつ発展してきています。現在液晶ディスプレイに使われている技術のほとんどは日本の技術者によって生み出されてきました。現在も使われている部品の多くは100%日本で生産されています。液晶研究所は、日本で唯一の液晶技術に特化した研究所として大学では珍しいクリーンルームを持ち、一流企業に匹敵する計測器をそろえて、ディスプレイメーカー・部材メーカー、それと地元の企業の方々と協力しつつ、液晶ディスプレイや光学フィルムの技術開発に取り組んでいます。

研究所長インタビュー

高頭 孝毅所長

奥が深い液晶研究の面白さがここにはあります。

液晶ディスプレイは有機化合物をエレクトロニクスに応用して大きな発展を遂げた画期的な電子デバイスです。大変幅広い分野の技術から成り立っており、現在でも様々な技術が提案されています。私達の研究所では低電圧で駆動できる液晶素子・高速で応答する液晶素子、また液晶ディスプレイに用いる光学フィルムの研究開発に取り組んでいます。液晶研究の面白さはいろいろなアイデアを自由に盛り込む余地が多いところ。取り組めばきっと自分なりの液晶が見えてきます。

研究部門

研究所 研究部門
液晶研究所 液晶化学・複合材料部門
液晶物理部門
電子材料部門
オプトエレクトロニクス部門

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1


関連ページ