研究室とスタッフ紹介

研究室とスタッフ紹介

[貴島研究室] 自動車工学

イメージ

人の感性を重視したモノ創りの研究
−全日本学生フォーミュラ大会への挑戦 −

人の感性とマシン(クルマ)の関係に注目し、クルマを操る楽しさを感性工学及び自動車工学的視点から研究します。全日本学生フォーミュラ大会に参画し、マ シンの構想、パッケージング、レイアウトから製作、評価の各段階で、操って楽しいフォーミュラマシンを追求し、同時に技術者としてモノ創りの楽しさを体得 します。

写真

教授 貴島 孝雄
[元ロードスター
開発担当主査]
→最先端トピックスへ

 
写真

助教 越智 裕章
→研究内容

  研究所の詳細はこちら

 

[永田研究室] ロボット制御・応用

イメージ

職人のワザをロボットで再現
企業の悩みをズバリ解決

企業のニーズに応え、ロボットを自在に動かすためのソフトウェアを開発・研究。「曲面をなめらかに磨く」加工作業は、 微妙な力加減が必要なため、ロボットでは難しいとされてきました。永田研究室では、その熟練技術をロボットで再現することに成功。さらに高度なロボットを 開発していきます。

写真

教授 永田 寅臣
[工学博士]
→最先端トピックスへ

 
 

研究所の詳細はこちら

 

[吉村研究室] 材料工学・材料設計

イメージ

キャビテーションやプラズマエネルギーを利用した材料表面の不活性化や新材料の開発

化学薬品を微量に含んだメカノケミカルキャビテーションを材料に噴射し、錆びない表面を作製する技術や、短時間に真空状態にすることが可能な表面を創製します。また、光触媒微粒子をメカノケミカルキャビテーションにより複合化し、従来困難であった可視光応答型の光触媒材料の開発を目指します。これらの研究は、地球環境問題への応用や宇宙での環境制御等への用途が期待されます。

写真

教授 吉村 敏彦
[博士(工学)]
→最先端トピックスへ

 
写真

助教 田中 公美子
→研究内容

研究所の詳細はこちら

 

[結城研究室] エネルギー総合工学・熱工学

イメージ

地球上に太陽をつくる核融合発電や新型地熱・
水力発電の開発、環境に優しい冷却技術の開発

本研究室では、地球上に太陽を作る国際プロジェクト(核融合炉)や新型の地熱発電・水力発電の開発に取り組んでいます。また近年、電気自動車や燃料電池車、さらに製鉄や発電所など、様々な産業分野において高温・高発熱機器の冷却が問題となっています。トータルのエネルギー消費削減に貢献する新しい冷却技術の開発にも取り組んでいます。

写真

教授 結城 和久
[工学博士]
→最先端トピックスへ

 
写真

助教 木伏 理沙子
→研究内容

研究所の詳細はこちら

 

[池田研究室] 車輪型移動ロボット・福祉ロボット

イメージ

ハンディキャップを負った人が身の回りの物や電動車椅子を操作するためのインターフェース開発

台車や電動車椅子を用いて、安全で効率的な搬送作業や自律走行に関する研究を行っています。また、病気やケガで手足にハンディキャップを負った人が身の回りの物や電動車椅子を操作するためのインターフェースの開発を行い、ロボットやメカトロ技術の福祉分野への応用にも取り組んでいます。

写真

講師 池田 毅

研究所の詳細はこちら

 

[大塚研究室] 精度設計、量産設計

イメージ

製品の品質と製造コストを高度に管理する設計法の研究

製品はその性能のばらつきが小さければ顧客に安心感を与え、高品質であると認識されます。しかし、高品質な製品は必然的に価格が高くなります。そこで、顧客の要求に合わせたコストと品質の管理、すなわち設計が鍵となります。本研究室では、この設計に関連した研究に取り組んでいます。

写真

講師 大塚 章正

→最先端トピックスへ

研究所の詳細はこちら

 

[海野研究室] 熱工学・熱エネルギー輸送

イメージ

熱エネルギー輸送効率向上を目指した沸騰冷却の研究と先進伝熱技術の開発

スーパーコンピュータや電気自動車用部品のひとつであるインバータなどの最先端機器は、性能向上にともなって電子素子や機器からの発熱量が増え続けています。そのため、次世代の高性能デバイス実現には、より大量に発生する熱を除去(冷却)するための技術が求められています。本研究室では液体が蒸気に変化するときに大量の熱が移動する沸騰現象を用いて、高温の固体面(伝熱面)に着目し、ナノテクノロジーを駆使しながら熱エネルギー輸送効率(冷却効率)の向上を目指す研究と先進伝熱技術の開発をしています。

写真

講師 海野 德幸
[博士(工学)]

→最先端トピックスへ

研究所の詳細はこちら