文字サイズ 標準

山陽小野田市立山口東京理科大学
山陽小野田市立山口東京理科大学は総合教育と専門教育を通じて未来を担う科学技術者の育成を目指します。
〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1 TEL:0836-88-3500
無題ドキュメント

岩館 寛大Hiromoto Iwadate

前のページへ戻る

岩館 寛大

氏名 岩館 寛大
ふりがな いわだて ひろもと
職名 准教授
学位 博士(理学)
専門分野
  • 生化学
  • 分子生物学
略歴
  • 東京理科大学理学士
  • 東京理科大学理学修士
  • 東京理科大学理学博士
  • 山口東京理科大学 基礎工学部 助手
  • 山口東京理科大学 基礎工学部 講師
研究シーズ 詳細はこちらから 

岩館 寛大

主な研究課題

新しい理論による超微量タンパク質の新規カルボキシル末端配列解析法の開発

プロテオミクス研究分野において、タンパク質のアミノ酸配列決定は必須技術であるが、分析するタンパク質の微量化、ハイスループット化の要求に伴い、従来のアミノ末端から配列を決めるエドマン反応以外の方法が求められており、カルボキシル末端からも配列決定ができれば、迅速に、またアミノ末端がブロックされてエドマン反応では配列を決定できないタンパク質でもカルボキシル末端からの情報が得られるようになる。当研究室では高濃度の酸処理によって得られたペプチド断片をMALDI-TOF質量分析器で分析することによりカルボキシル末端からの配列を決定できる新規カルボキシル末端配列分析法を開発している。

多能性幹細胞分化過程における膜タンパク質のプロテオーム解析

生体内には組織ごとに自己複製能と多能性を併せ持つ未熟な細胞、すなわち多能性幹細胞が存在している。この細胞の分化過程には様々な栄養因子、接着分子等が細胞膜に発現する膜タンパク質を介して細胞内へのシグナル伝達を行っている。当研究室では二次元電気泳動、画像解析、アミノ酸配列分析を駆使し、幹細胞の分化過程における膜タンパク質また、細胞内タンパク質のプロテオーム解析を行っており、幹細胞の分化メカニズム追究を目指している。

主な著書・論文

  • Primary Structure of Maize Ferredoxin:thioredoxin Reductase Catalytic Subunit. Research Communications in Biochemistry and Cell & Molecular Biology, 2(1, 2), 105(1998).
  • Binding Sites between Variable and Catalytic Subunits of Ferredoxin:thioredoxin Reductase from Maize. Research Communications in Biochemistry and Cell & Molecular Biology, 2(3, 4), 209-222(1998).
  • Potential role of kallikrein in diurnal rhythms and perivascular distribution in rat pineal glands. Brain Res., 797(2), 287-294(1998).
  • Biochemical and immunohistochemical demonstration of tissue kallikrein in the neuronal nuclei of the developing rat brains. Brain Res., 863(1-2), 87(2000) .

主な国際・国内活動

  • 日本生化学会会員
  • 日本分子生物学会会員
  • 日本薬学会会員

お問い合わせ

TEL0836-88-3500

〒756-0884 山口県山陽小野田市大学通1-1-1


関連ページ